PhoNovice

Photography + Novice = PhoNovice 初心忘るべからず

【Nikon】Df × Ai AF 35mm F2 アクアパーク品川へ

法事だよ

義実家の法事をやるってんで、家族揃って新幹線で東京行きましたの。

でも、法事だけやってトンボ返りってのも味気ないので前泊入れてちょいと子供らは遊ばせるかと。

親戚の集まりを記録するとなると、屋内メインだから高感度強くて何でもいけるやつ…ここはDfとAi AF 35mm F2だろうと。

ほいだら、行ってきまーす。

新幹線だよ

いいよねー、新幹線は。

静かで速くて。

ポケモンセンターだよ

で、さっくり東京には着いた。

…が、ここからが大変だったw

かあちゃんも「せっかくだから」と高校時代のご友人に久しぶりに会うってんで早々に離脱。僕の元には『ヤバい三銃士』が丸ごと残されることに…。

この東京砂漠を三銃士連れて歩き回るなど、想像するだに恐ろしいw

こういう時は……

そうだね!

アクアパーク品川だよ

水族館だね!

…水族館はいい。

  • 屋内だから、もしはぐれても確保が比較的容易
  • 天候に左右されない
  • トイレの環境がいい(おむつ替え!)

完璧だよ。

上野動物園も考えた(安いから)けど、あそこは2号がまだおむつの頃に行ってトイレで苦労した記憶があるので安全策w

www.aqua-park.jp

で、選んだのはアクアパーク品川

  • 駅からほぼ直結
  • そんなに広くない
  • イルカショーがクオリティ高いらしい

…完璧だw

…いいぞ。おとなしく見ている。

ちなみに、ヤバい三銃士は全員揃って生粋のニンテンドーキッズなので、サメを見れば

「フウカが乗ってるやつだよ!」(スプラ3)

ウツボを見れば、

「ウツホのお友達だよ!」(スプラ3!)

当然、エイを見れば、

「マンタローだよ!」(スプラ3!!)

…となる。

クラゲを見れば服屋だし、エビカニを見れば靴屋だ。

基本、カイサンブツどもならすべてスプラトゥーンに出てくる楽しい奴らなのだ。

そういう意味でも水族館は完璧なのだ。

……ありがとう任天堂! 本当にありがとう! 

「楽しんでくれてるかい?」

「おかげさまでー」

しかい、淡水魚コーナーに差し掛かると突然食いつきが悪くなる三銃士。

…そう、淡水魚はスプラトゥーンに出てくるお友達ではないのだ!

お父さんはどっちかというと淡水魚派なので悲しい。

任天堂さん、追加エクスパンションや次回作ではぜひ淡水のお仲間たちも実装を!

熱帯魚は見ていたw

あと、は虫類。

しかし、一番食いついていたのは、なぜかカピバラだった。

「おとうさん! 毛玉だよ! ケバインクだよ!」

……そっちですかー。

そうそう、肝心のイルカショーは、司会のお姉さんが、

「はーい。これからイルカくんがジャンプしまーす!」

みたいな案内をしてくれるよくあるやつじゃなくて、音楽と照明、演出に合わせてイルカたちがダイナミックに跳ね回るという、噂どおりに非常にクオリティの高いちゃんとした「ショー」だった。

これは一見の価値あり。

……ふー、堪能したかい? お父さん、そろそろヘロヘロなのでもういい?w

「また来てね」

「次回はぜひ、夜のイルカショーが見られる時に〜」

撃沈だよ

楽しかったんだねー。

良かったねー。

サンドウィッチマンに寝落ちを見守られながら、ホテルに向かいます。

…というところで、次回に続く!

今回のお供

僕のはD付いてないですが、光学は一緒です(定期)

イカちゃんたちのおかげで、2歳児も最後まで飽きずに水族館を楽しめました。

ありがとう任天堂。本当にありがとう。

これからもよろしくお願いいたします。

 

【フィルム・BRONICA】Zenza BRONICA S2を買いました。

有言実行

take9-htn.hateblo.jp

年始のブログにも書いたとおり、今年は中判フィルムに注力したい所存。

そのメイン機として考えていた『Zenza BRONICAS2』、やっとゲットしました!

早速、試写ということでACROS100を詰めた次第。

まずは1stロール

とにかくまずは、1stロールの全カットをどうぞ。

いつもの松

1stロールの1stショットは、これにしようと決めていた。

Leica DⅢ、Super Ikontaと来て3度目の登場です。ご町内の松w

 

take9-htn.hateblo.jp

 

take9-htn.hateblo.jp

 

FARM

 

巣箱

 

浅間山

…スキャン時にちょっとネガが浮いてしまって、向かって左側がモヤッとしてしまった。

あとでスキャンし直さないとなんだけど、とにかくまず見てほしくてw

浅間を望むベンチ

今回のベストショット候補その1。

地味〜なところなんだけど、向かって左端にある木のハイライトと影の具合をぜひ見てほしい。ベンチよりもそこにハッとしちゃったんだよね。

唐松

唐松は針葉樹だけど常緑樹じゃなくて、葉が落ちる。

細かい枝振りの1本1本を写し留めるNIKKOR-P.C 75mm F2.8。

フェンス

ベストショット候補その2。

やっぱりハイライトがすごくいいと思う。KONIFLEX2よりカラッとしているというか。

真四角タンク

 

仲良く並んで

 

アルカイックスマイル

開放&最短。

後光の部分からふわ〜っと溶けていくボケにうっとり。

お仕事中のおかあちゃん

スローシャッターの調子を確認したくて2カットほど屋内を。

1/30とF4だったかと。

自室から

逆光気味に斜めの光が入っていたので窓ガラス越しに撮ってみた。

LOOK&FEEL

(PYのレビューっぽく)。

フォルムとデザインは…惚れ惚れするばかりだね。

本当にずっしりと重くて、手にする度にインゴットでも持ってるような気分になる。

だけど、何というか…思ったよりも「冷たくない」。わかるかなー、この感じ。

エッジが立ちすぎてない、マイルドな曲線が入ったラインがいいのかな。張り革が黒じゃなくてグレーなのがいいのかもしれない。

PENTAX KFでも撮ってみた。

フィルムスキャン用のFAマクロ。

このロゴの丸々っとしたところも親しみやすい印象に一役買っているかもね。

ひとつひとつの操作感は、すこぶるいい。

何せカメラ本体がでっかいもんだから、ダイヤルやらレバーやらもみんなでっかい。

なのですごく操作しやすい。

今日なんか外は氷点下だったので手袋はめての撮影だったけど、もこもこ毛糸の手袋でも楽々操作できちゃうのはとても助かる。

あ、そうそう。氷点下と言えば今日撮影した時の気温はは-6℃だったんだけど…全然問題なく動作してくれて驚いた。

昭和の物作りニッポンすげー。

あとは、なんと言っても巻き上げレバーぐるぐる〜チャージまでの流れが、操作してて最高に盛り上がるんだよなぁ。

バルナックライカの巻き上げノブをスルスルやるのとはまた違う、

「さあー! 撮るぞー!」

っていう、勢いみたいなものまで一緒にチャージしてくれているような。

そして、ブロニカと言えば…と良く語られるデカいシャッター音とショック。

でもこれも嫌な大きさじゃなくて、

「はい、撮りました!」

っていう納得感や余韻がじんと手の中に残る感覚…すごくいい。

とりあえず、初回はこんなところで。

じっくりじっくり使い込んで、今後仲良くなっていきたい。

末永くお供にしていきたいと思わせる魅力が詰まったカメラだと思うんで、せめてモノクロぐらいはバンバン撮っていきたいなと決意も新たに、今年の中判ライフスタートです!

 

 

【Nikon】氷点下を歩く

  • 真冬のご町内は寒い
  • 今回のお供

真冬のご町内は寒い

僕の住んでいる町の特殊な条例で、

「氷点下5度を下回らないと寒いと言ってはいけない

というのがあります。

……嘘です。無いです。そんな条例あってたまるか。

いやまあ、標高1,000メートル近くともなると、「寒い」の感覚が平野部に住んでる方とはだいぶ異なるんですよという高地マウントとして軽く流してもらいつつ、朝9時前後でも氷点下10度近くなることもざらというキンキンのご町内を飽きもせずにウロウロしているよという話です。

…とにかく、さみぃんだわ。

続きを読む

【FUJIFILM】久々のX70で師走の東京

2022年最後の東京スナップ

もう完全にお正月も終わって通常営業だけども…。

昨年末最後の東京出張は、X70をお供に選んだのでその時の写真を。

人形町

…なにげにブログでは初めての地名ですな。

東京勤めだった20年前でも、2〜3回降りたことあるかなーぐらいの土地。

続きを読む

【フィルム】Basic N × APX400で巨匠を気取る

アレブレボケ

とりあえずストリートスナップをやる人間は、一度は世界の森山大道に憧れて、

「自分もあんな風に…」

と、とりあえず挑戦して、

「うんまぁ…無理だな…すげえや巨匠」

と、とりあえず諦めるものです(ド偏見)。

かくいう僕も御多分に洩れずというやつで。

take9-htn.hateblo.jp

かつてフィルムの現像サービスを格安で提供していた「45カメラ」というチェーンが、販促のためにタダで配っていたというBasin NというコンパクトにAgfa APX400を装填。

これでわざとフラッシュばりばりに焚いて、ざらざらに粒子出して現像したら0.02歩くらいは巨匠に近づけるんじゃないかと、浅ましいことを考えてみた記録。

続きを読む

新年のご挨拶と今年の写真ライフについて

特別お題「わたしの2022年・2023年にやりたいこと

  • 新年あけましておめでとうございます。
  • デジタルについて
  • フィルムについて
  • オフラインの活動について
  • 今回のお供

新年あけましておめでとうございます。

Twitter、ブログ、オフライン、その他諸々、昨年中仲良くしていただいた皆様、どうもありがとうございました。

さて、無事に2023年を迎えましたということで、写真ライフ的な今年の目標やら抱負やらを、初詣スナップと一緒に少し書いておこうかなという、まぁブログにありがちな年初の記事でございます。

続きを読む

2022年 まとめ

  • 今年も楽しく撮れました
    • 1月 5814G
    • 2月 出戻りPENTAX
    • 3月 旧ソ連の夢は散り…
    • 4月 牛に引かれて善光寺参り
    • 5月 穏やかに…
    • 6月 デビュー
    • 7月 USJ! USJ!
    • 8月 ついに手を出す
    • 9月 中判! 中判!
    • 10月 国産二眼レフ写真展!
    • 11月 Kが…Kが…!
    • 12月 フォトウォーク
  • 2022年ベストバイ!

今年も楽しく撮れました

本格的に写真を趣味にしてから早4年。

相変わらず下手の横好きの域を脱せない素人フォトグラファー街道だけど、楽しくやれているのが一番ですな!

そんな2022年の写真ライフを振り返るよ。

続きを読む